会社概要

会社概要

会社名 株式会社 ピービー
所在地
本社
〒731-0103
広島県広島市安佐南区緑井3-4-29
大阪オフィス
〒561-0841
大阪府豊中市名神口3-7-3-1F
電話番号
本社
082-831-3210
大阪オフィス
06-6335-0805
設立 平成12年4月13日
資本金 1,000万円
役員 代表取締役  森田 朗
事業内容 自動車用品製造・販売

沿革

1999年年10月

広島市南区出島で創業
メルセデスベンツSクラス(W220)用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付ウッドパネルキットを発売

2000年4月

有限会社ピービー設立

2000年6月

パルスコンバーターPC-101を発売
電子回路基板の製造販売開始

2000年8月

広島県広島市安佐南区緑井三丁目4番29号に本社移転

2000年10月

メルセデスベンツCクラス(W203)用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットを発売
ABS樹脂パネルを使用した取付キットの量産開始

2000年12月

富士通テン東日本株式会社と取引開始(下記インポーター向け2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットOEM)
フォード・リンカーン・ジャガー・ランドローバー・オペル・サーブ・フォルクスワーゲン・アルファロメオ・フィアット

2001年1月

リンカーンLS用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始
フォードエスケープ用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2001年6月

フォードエクスプローラー(U152)用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2002年6月

TVキャンセラーCMMシリーズの開発開始
CAN-BUSを利用した電子回路基板の製品化に着手

2002年7月

メルセデスベンツEクラス(W211)用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットを発売
オペレーティングフラップモータードライバー制御基板を同梱
マイコンを利用した電子回路基板の製品化

2002年12月

ジャガーXタイプ用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2003年4月

CMMシリーズ販売会社の有限会社インスパイアテクノロジーを設立

2003年5月

メルセデスベンツ用TVキャンセラーCMM-2000を発売
CAN-BUSを制御する電子回路基板の製品化

2004年1月

BMW用TVキャンセラーCMM-1000を発売
BMW i-BUSを制御する電子回路基板の製品化

2004年6月

株式会社ピービーに改組 大阪オフィスを開設

2004年8月

ランドローバーフリーランダー用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2005年2月

CANバスアダプター・CANバスアダプターPLUSを発売
CAN-BUSのステアリングボタンデータを利用した赤外線リモコン送信機の製品化
自社企画によるABS樹脂筐体を採用

2005年6月

株式会社オートバックスセブン取引開始

2005年7月

有限会社インスパイアテクノロジーズを統合

2005年9月

オペルアストラ用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2005年11月

フォードエクスプローラー(U251)用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始
ステアリングリモコンコントローラーIRC-A01を同梱
アナログのステアリングボタンデータを利用した赤外線リモコン送信機の製品化

2005年12月

アルファロメオ147用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始
ステアリングリモコンコントローラーIRC-A01を同梱

2006年4月

VWニュービートル用1DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2006年5月

アルファロメオ159用2DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットをOEM納入開始
CANバスアダプターを同梱

2006年6月

メルセデスベンツSクラス(W221)用TVキャンセラーCMM-3000を発売

2006年10月

株式会社イエローハット取引開始

2006年11月

アルパインマーケティングとのコラボ製品
BMW用RGB映像変換アダプターNRP-A01を発売

2007年7月

サイドビューカメラアダプター BSS-C01-MB1を発売
メルセデスベンツ用リア・サイドカメラの切替ユニット

2007年11月

株式会社タクティー取引開始

2007年12月

メルセデスベンツ用TVキャンセラーCMM-H8を発売
CMM-3000を第2世代CMM-Hシリーズへモデルチェンジ
自社企画によるアルミ押出筐体の採用

2008年2月

CMM-2000を第2世代CMM-Lシリーズへモデルチェンジ
メルセデスベンツAVN・MPP系のシリアル通信制御機能を搭載
自社企画によるアルミ押出筐体の採用

2008年3月

BMW5・6シリーズ用1DINカーオーディオ・カーナビゲーション取付キットを発売
BMW用LVDS映像変換アダプターLNP-D01を同梱

2009年2月

CANバスアダプターⅡを発売
CANバスアダプターPLUSを統合しコストダウン・小型化
赤外線リモコンコードの学習機能を追加

2009年8月

AUDI用コーディングタイプTVキャンセラーCMM-8KDPを発売
OBDⅡの通信データを制御する電子回路基板の製品化

2009年12月

行動計画の策定

2010年2月

CMM-H・CMM-Lシリーズを第3世代へモデルチェンジ
新マイコンの採用で大幅に小型化

2010年3月

CANバスアダプターⅡ用オプションSRC-PI1を発売
有線タイプのステアリングリモコン入力を持つ市販カーナビゲーションに対応

2011年4月

CANバスアダプターⅢを発売
有線タイプのステアリングリモコン入力機能を内蔵

2011年6月

フィアット500用ポータブルナビゲーション取付キットをOEM納入開始

2011年11月

AUDI・BMW用TVキャンセラーCMM-ML1を発売
MOSTを制御する電子回路基板の製品化

2012年1月

行動計画の策定

2012年10月

自社企画によるABS樹脂スケルトン筐体を開発
自社電子回路基板へ順次採用

販売店様向けFAXご注文用紙はこちら

弊社の商品は取り付け時に専門知識を必要としますので、自動車関連販売店向け商品となっています。 お近くのカーディーラー、カー用品店、または弊社商品のお取り扱い店でお買い求めください。